支援屋ver2 バナー
本文へジャンプ 01月20日 

オープンソースERPのご紹介 会社と組織 初期セットアップレビュー

Adempiere ERP+CRM 入門トレーニング その7 会社と組織2

オープンソースERPのAdempiereの入門トレーニングコースにようこそ。このコースはAdempiereの基本的な業務機能を理解することを目的としたコースです。一般的なERPとはどういった物なのかを体感していただけるようにもなっています。どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

体験デモへ

>
今回のテーマ
前回は会社と組織の初期セットアップを実施しましたが案の定 見事にオオハマリをくらいました。ハマりの原因はまだ特定できていないのですが、ジタバタしたら抜け出せました。ジタバタの様子は別途ブログに掲載しようと思いますが原因不明のままなのであまり役にはたたないかと思います。
今回はその初期セットアップで何が設定されているのかをおさらいするのと、次回からのトレーニングのために基礎データを↓の組織構造図に準じて登録していくところまでをやりたいと思います。 ちなみにAdempiereの世界では会社またはテナントのことをクライアントと称するようです。
支援屋 組織構造図
支援屋の組織はこのトレーニングのための便宜上の組織です。また、支援屋プロジェクト統括組合も今はだま架空の団体です。
初期クライアントセットアップレビュー
初期クライアントセットアップレビュー作業フロー
作業フロー 初期のクライアントセットアップレビュー
機能説明新しいクライアントのシステムレベルセットアップのレビューです。 この作業フローは、自動の初期クライアントセットアップによって実行される、新しいクライアントのシステムセットアップをレビューします。 以下の作業フローも確認してください。 - 会計セットアップ - 取引先セットアップ - 製品セットアップ - 価格リストセットアップ - 倉庫セットアップ - 税金セットアップ
メモ今回からWebUIを使います。きれいだろ 死んゲフン 縁起でもない!
クライアント
クライアントタブ クライアント一覧表示 クライアント
機能説明クライアント/テナントをメンテナンスします。
クライアントは最上位のレベルの独立した経済主体です。それぞれのクライアントは、複数の組織を持っていて、会計パラメータを定義します。(会計基準、ツリー定義、必須でない測定単位)  新しいクライアントを作成するには、クライアントセットアップをシステム管理者として実行してください。 このウィンドウでは新しいクライアントを作成しないでください。セキュリティとアクセスルールのため「初期クライアントセットアップ」を使ってください。 ここで新しいクライアントを作成すると必要な情報が設定されず表示することが出来ません。
メモメール設定は便宜上のものです。...ってか 使えるじゃん!
クライアント情報タブ クライアント情報一覧表示 クライアント情報
機能説明クライアント情報タブは、各クライアントのために詳細情報を定義します。会計ルールと高いレベルのデフォルトはここで定義されます。カレンダーは、期間が開いているか閉じているかを決定するのに使用さます。
メモここがこの会社の振る舞いを決める原点ですな。少し寄り道してみましょう。
会計基準へジャンプ 会計基準
機能説明会計基準ウィンドウは、会計構造を構成する会計手法と要素を定義します。取引先、製品、住所などのために、詳細な会計要素を作成、有効化してください。 仕訳帳とデフォルトの勘定科目を見直し、変更できます。取引で使われる実際の勘定科目は、実行する組織によって異なります。ほとんどの情報は、処理の流れによって提供されます。
メモ会計基準国際GAAP会計基準 どぅあ!分厚い本が2冊!インターネッツで軽く調べて理解するレベルの話ではなさそうですね。 ここを読めば少しくらい理解できる?いずれにしても国際会計基準は難しそうです。
会計基準要素タブ 会計基準要素
機能説明会計基準要素タブは、会計キーを含む要素を定義します。伝票で表示される名前が定義されます。要素の順番、貸借が一致しているかどうか、必須項目かどうかが示されます。
メモ(´Д`)
会計基準仕訳帳タブ 会計基準仕訳帳
機能説明仕訳帳タブは、仕訳のために必要な勘定科目でも使用する、エラーと貸借の取り扱いを定義します。
メモ(´Д`)ナルホド
会計基準デフォルトタブ 会計基準デフォルト1 会計基準デフォルト2
会計基準デフォルト3 会計基準デフォルト4
機能説明デフォルトタブは、会計基準のためにデフォルト勘定科目を表示します。新しい伝票が開かれるとき、これらの値が表示されます。ユーザーは伝票の中でこれらのデフォルトを変更することができます。
Fields
クライアント | 組織 | 会計基準 | 売掛金勘定 | 売掛金(サービス提供) | 前受け金 | 支払い割引費用 | 帳消し | 未請求の売掛金 | 未請求の収入 | 前受け金 | 仕入先負債 | 仕入先サービス負債 | 仕入先前受け金 | 支払い割引収入 | 未請求の受入 | 源泉徴収 | 従業員前払い | 従業員費用 | 製品資産 | 製品費用 | 費用調整 | 在庫クリア | 製品売上 | 製品売上原価 | 購入価格差異 | 請求価格差額 | 受取割引料 | 承諾された割引 | (使われていない) | 在庫調整 | 倉庫差異 | 在庫再評価 | プロジェクト資産 | 処理中の作業 | 銀行資産 | 処理中銀行口座 | 銀行未確認入金 | 未割当現金 | 支払い選択 | 銀行費用 | 銀行支払利息 | 銀行受取利息 | 預金為替再評価利益 | 預金為替再評価損失 | 銀行解決損失 | 銀行解決利益 | 納税額 | 納税義務 | 税額控除 | 税金受取勘定 | 税金費用 | 料金費用 | 料金収入 | 含み益会計 | 含み損会計 | 実現為替差益 | 実現為替差損 | 現金出納帳資産 | 現金出納帳差異 | 送金 | 現金出納帳費用 | 現金出納帳収入
メモ(-ω-)これはいつか絵に描いて説明せねばなるまい...が 今はクライアント情報に戻ろう。測定単位のデフォルトは悩ましいけどこれはちょっと後回し。取引先のテンプレートてのがちょっと気になるので見てみましょう。
取引先 取引先
メモん?普通の取引先ウィンドウですね。テンプレート取引先のフィールドヘルプを見てみましょう。
フィールドヘルプ・テンプレート取引先簡単に新しい取引先を作成するために使用される取引先です。 取引先検索フィールドから新しい取引先を作成する時(右クリック:作成)に、選択された取引先は、価格リスト、支払期間などを使いまわすことができます。
メモ(´・д・`)これはべんりですね。クライアント共有タブは今は無視しておきます。次は組織です。
組織
機能説明組織をメンテナンスします。
組織ウィンドウは、組織実体を定義して、メンテナンスします。組織は、伝票と取引が分類処理される法人またはサブユニットです。
組織タブ 組織一覧表示 組織
機能説明組織タブは、組織を定義するために使用されます。各にはキーと名前、そして任意に説明があります。 新しい組織を追加したら、新しい組織にアクセスするためには再ログインしなければなりません。
メモ(´Д`)ナルホド
組織情報タブ 組織情報
機能説明組織情報タブは、組織の住所、DUNS番号、税金ID番号を定義するために使用されます。
メモ(´Д`)ナルホド 次いってみましょ。
役割
機能説明ユーザーの権限をメンテナンスします。
役割ウィンドウは、このシステムのユーザーが持っている異なった役割を定義します。役割はウィンドウ、タスク、レポートなどへのアクセスを制御します。クライアントに関しては、管理者とユーザーの役割は事前に定義されます。特定の機能またはデータへアクセス出来るようにするために役割を加えることができます。役割にはユーザーを加えることができます。このアクセス情報はキャッシュされます。設定を有効にするには再ログインかリセットを必要とします。
役割タブ 役割一覧表示 役割
機能説明役割およびアクセス先の組織を定義して追加します。ユーザーがウィンドウ、フォーム、プロセス、およびレポートに対するアクセスする権限(役割)を、タスクと同様に設定できます。 役割ユーザーレベルが手動の場合は、自動的に割り当てられたアクセス権限は更新されません。(例えば、役割にウィンドウ、プロセスの制限数があっても、アクセスできます) 役割がすべての組織に対するアクセス権限を持っていないなら、組織アクセスを追加する必要があります。特権ユーザーと新しい役割を作成するユーザーは、自動的に役割に割り当てられます。
組織ツリーを選択すると、ユーザーは概要組織の下層ディレクトリにアクセス出来ます。 注意:システム管理者の役割を変えることができません。
メモAdempiereのセキュリティの牙城ですね。
組織アクセスタブ 組織アクセス
機能説明ユーザーがアクセスするクライアントと組織を追加してください。組織アクセスが選択されているか、役割がすべてにアクセス可能ならば、ここでのエントリーは無視されます。
アクセス情報はキャッシュされるので、変更を有効にするには再ログインが必要です。
メモ(´Д`)ナルホド
ユーザー割当タブ ユーザー割当
機能説明ユーザーがアクセスするクライアントと組織を追加してください。組織アクセスが選択されているか、役割がすべてにアクセス可能ならば、ここでのエントリーは無視されます。
アクセス情報はキャッシュされるので、変更を有効にするには再ログインが必要です。
メモ(´Д`)ナルホド なんかむかーしむかしこの手の設定がわからないではまった記憶が蘇ってきた。CRS012だったか?
ウィンドウアクセスタブ ウィンドウアクセス
機能説明ウィンドウのアクセスタブは、この役割(権限)に与えられたウィンドウとアクセスのタイプを定義します。
メモきめ細かくできるけどこれいじると保守で死ねるんだよお。
処理アクセスタブ 処理アクセス
機能説明処理アクセスタブは、この役割(権限)に与えらた処理とアクセスのタイプを定義します。
メモこれも保守で死ねる。
フォームアクセスタブ フォームアクセス
機能説明フォームアクセスタブは、この役割(権限)に与えらたフォームとアクセスのタイプを定義します。
メモ特別なフォームの定義変更はシステムアドミニストレータ権限が必要らしい。
作業フローアクセスタブ 作業フローアクセス
機能説明作業フローアクセスタブは、この役割(権限)に与えらた作業フローとアクセスのタイプを定義します。
メモ作業フローのからくりはあとでじーっくりと見てみましょう。
タスクアクセスタブ タスクアクセス
機能説明タスクアクセスタブは、タスクとアクセスタイプを定義します。
メモOSのタスクとかいってるけどどこまで有効なんだろう?
ドキュメントアクションアクセスタブ ドキュメントアクションアクセス
機能説明Define access to document type / document action / role combinations.
メモ翻訳されてない。きっと新しい機能なのだろう...
ユーザ
機能説明システムのユーザーをメンテナンスします。
ユーザーウィンドウは、システム上のユーザーをメンテナンスします。ユーザーはシステムの各機能にアクセスする権限を役割として与えられます。ユーザーは取引先としてレコードに登録することも出来ます。
ユーザ情報タブ ユーザ一情報覧表示 ユーザ情報
機能説明ユーザータブは、システムにアクセス出来るユーザーのためにログイン情報を定義します。アプリケーションにアクセスするために、ユーザーは役割を割り当てられる必要があります。
メモネット越しのユーザーを意識した作りなのか?
ユーザ役割タブ ユーザ一役割一覧表示
機能説明ユーザー役割タブは、各ユーザーが持つことが出来る役割を定義します。役割は、ユーザーがアクセス可能なウィンドウ、タスク、過程、および作業フローを決定します。
メモん?なにか謎めいてるような???
ユーザ代理タブ ユーザ一代理
機能説明このユーザーの代理をすることができるユーザーです。
メモ(・_・)
組織割当タブ 組織割当一覧表示
機能説明組織にユーザーを割り当てます。
メモ(・_・)
組織アクセスタブ 組織アクセス一覧表示
機能説明ユーザーがアクセスするクライアントと組織を加えてください。もし、役割内で、ユーザー組織アクセスが選択されていないか、すべてにアクセスできる役割の場合は、ここでのエントリーは無視されます。
アクセス情報はキャッシュされます。再ログインかキャッシュのリセットが必要です。
メモ(・_・)
ユーザーメールタブ ユーザーメール一覧表示
機能説明ユーザーに送られたメールのアーカイブです。
メモ(・_・)
クエリタブ クエリ一覧表示
機能説明保存されたクエリの表示とメンテナンスが出来ます。
メモ(・_・)
LDAP ACCESSタブ LDAP ACCESS一覧表示
機能説明LDAP Server to authenticate and authorize external systems based on Adempiere
メモ(・_・)LDAPってなんだ?
課題だめだ!スワップしまくり!ページを替えよう。
次回今回の続き
←前回 次回→
inserted by FC2 system